サボテンと多肉植物とは?

「サボテン」は学術的な正式名称、「多肉植物」は俗称!

地球上の生物は人間はもちろん、すべての動物、植物、細菌に至るまで学術的に「分類」されています。

その中の一つとして「サボテン科(Cactaceae)」なるカテゴリーが正式に設定されていて、この「サボテン科」に属している植物がつまり「サボテン」というわけです。

 

一方、体全体が、または葉や茎、地下茎など体の一部が肥大して、水分を蓄える機能が発達した植物を総称して「多肉植物」と呼びます。「多肉質の植物」という見た目からそのまま呼んでいる俗称なんですね。

分類学上、「多肉植物」というカテゴリーはありません。

ベンケイソウ科に属する多肉植物もあればキク科に属するものもあり、キョウチクトウ科やヒガンバナ科など、実に50以上の「科」に見られ、種類の総数としては10,000種以上と言われています。

 

さて、ここで上記の「多肉植物」の定義からしますと、「サボテン」は体の一部どころか正に全体が貯水タンク!

立派な多肉植物と言えるのですが、

ただサボテンの仲間(科)だけで5,000種以上もあるので、一般に「サボテンと(その他の)多肉植物」と分けて呼んでいるのです。

 

 

 

質問
サボテンの最大の特徴、それはアレオーレ(刺座)があること!

サボテンには特有のアレオーレ(刺座:読みは「とげざ」又は「しざ」)があります。

アレオーレとは、トゲを生じる部位を言い、多くの場合白い綿毛を伴います。

このアレオーレがあるのがサボテンであり、他の多肉植物にはありません。

 

また、トゲも退化し、白毛だけのアレオーレを持ったサボテンもあります。

 

多肉植物の中にはトゲ(状)を持つ種類がありますが、これらは表皮が変形してトゲ状になったもので、

アレオーレから生じたサボテンのトゲとは質、伸び方、そして鋭さなど全く異なります。

 

  • お問い合わせはこちら
質問
華麗な花!これもサボテンです!!

クジャクサボテン

サボテン科エピフィルム属。

こう見えてもれっきとした「サボテン」です!

 

葉のようですが、これが本体で「葉状茎(ようじょうけい)」といいます。

トゲに覆われた一般的なサボテンたちが厳しい乾燥地帯に自生・進化してきたのに対し、クジャクサボテンの仲間は中南米の「森林地帯」が原産。

樹木などに根を張って垂れ下がって生育する「着生植物」です。

 

特徴は何といっても花の美しさ!

様々な色合いが追及され、交配による園芸種が数多く作出されています。

花の時期は主に4~5月、四季咲きや冬咲きの品種もあります。

 

 

  • お問い合わせはこちら

月下美人(げっかびじん)

サボテン科エピフィルム属。

あまりにも有名な「純白・夜咲き・有香花」!

 

クジャクサボテンと同じく森林性のサボテンですが、月下美人の開花期は7月~10月。

そして惜しいかな、一夜咲きです。

 

花言葉は「一度だけ会いたくて」「儚い夢」「艶やかな美人」。。

 

 

☆クジャクサボテンも月下美人も、葉状茎のふちにくぼみがあり、そこがアレオーレ(刺座)。

サボテンである証です!

  • お問い合わせはこちら
  • サボテン・多肉植物の育て方
PageTop